network-cables

社内SEとは一般的には、企業の情報システム部に所属しているIT専門のSE(システムエンジニア)のことを指します。自社のシステムについての企画から開発(外注を含む)、運用保守が主な業務となります。

激務なプロジェクトが多いSIerのSEにとっては、社内SEは一種のオアシス的な職種であり、転職市場においてとても人気が高い職種です。しかし実際に社内SEに転職してみて初めて社内SEについて知ることも多いです。

 

情報システム部は管理部門の一部

一般的に企業の情報システム部は管理部門(バックオフィス)に属しており、非生産部門になります。そのため社内SEになるとSIerのSEと違って、売上のプレッシャーからは解放されて仕事ができます。

もちろん導入したシステムの効果などについて、経営陣などから受けるプレシャーはありますが。。。。

また客先常駐が多いSIerのSEと違って、社内SEは基本的に本社勤務となりますので、勤務地が頻繁に変わったりすることなく、自宅購入や子どもの学校選びなどの人生設計が立てやすいのも大きなメリットです。

 

社内SEの仕事はとても幅広い

私もSIerのSE時代から顧客の社内SEと接する機会が多くありましたが、実際に社内SEになって驚いたのは、社内SEの対象業務がとても幅広いことです。

特に情報システム部が扱う機器に関しては、転職前からシステム関連のパソコンやサーバ機器、ネットワーク機器などはイメージとしてありましたが、その他にもコピー機や複合機・FAX機をはじめとしたOA機器、携帯電話、スマートフォン、内線電話(PBX)などあらゆるIT機器についての導入から保守メンテナンスまでを情報システム部が担当しています。

企業の経営戦略を見据えたIT戦略策定やシステム計画策定などから、機器の故障対応や、ユーザのITリテラシー教育まで幅広い業務をこなすのが社内SEです。

 

社内SEはやりがいもあるが、苦労もある

社内のユーザからはいろいろ重宝されたり、感謝されたりすることも多いです。

しかしいったんトラブルなどが発生したりすると、ユーザからたくさん文句を言われたりすることも多々あります。

特に外注の出来が悪くシステムトラブルが多発した場合とかは、つい「自分のせいではないよ」と言いたいところですが、じっと我慢です。