情報システム部の業務は幅広く結構多岐にわたります。中小企業では一人の社内SEが全てを担当することもありますが、通常はある程役割分担をして業務を遂行することになります。

社内SEの主な役割を大きく分類すると、以下の4つに分類できます。

①IT戦略・システム企画
②システム構築・運用・保守
③ネットワーク・インフラ担当
④ユーザサポート・ヘルプデスク

 

更に社内SEの主な4つ役割について、縦軸を「経営側・ユーザ側」、横軸を「ハード系、ソフト系」で分類してみると以下の図のようになります。

社内SEの役割分類

社内SEの役割分類

 

①IT戦略・システム企画

会社や企業における経営戦略や中長期計画に沿って、IT戦略を立案します。更にIT戦略を基にシステム企画に落とし込んでいきます。

一般的にIT戦略の企画・立案はCIO、場合によってはシステム部長が担当します。一方システム企画はシステム部長もしくは上級情報システム部員が担当するのが一般的です。

インターネット販売が売上に占める割合が高い企業などは、ITが経営戦略に直結するため、IT戦略が大きな重要性を持っており、経営戦略=IT戦略といっても過言ではありません。

 

②システム構築・運用・保守

社内の各種システム(基幹システム、業務システムなど)についての構築・運用・保守・改善を担当します。

システムの構築については、内製の場合は社内SE自らが設計・開発・テスト・導入を担当します。外注する場合は外部ベンダーへの発注や進捗管理が社内SEの担当となります。

またシステムの改善を行うためには、利用部門のユーザからシステムに対する要件をヒヤリングしたりします。その上で問題点を洗い出し、システムの改善を実施したりします。

 

③ネットワーク・インフラ担当

ネットワークとしては、本社や拠点、データセンターなどを含めたLANやWANについて、設計・導入から日々の運用保守などを担当します。

インフラとしては、PCやサーバについて設計・導入から故障時の対応まで、幅広い対応を担当します。

 

④ユーザサポート・ヘルプデスク

ユーザサポート・ヘルプデスクはシステムの利用者であるユーザとの直接的な窓口であり、社内SEの中では一番ユーザと直接接する機会が多い仕事になります。

ヘルプデスクとしては、ユーザからのシステムやネットワークなどの障害の問合せ対応を行います。簡単な障害については自分で対応しますし、難易度の高い障害の場合は、システム担当やインフラ担当に引き継いだり、連携しながら解決します。会社によってはヘルプデスクのことをサービスデスクとも呼びます。

ユーザサポートとしては、ユーザからのパソコンやOffice(ExcleやWord)などの操作方法などについての問い合わせに対応します。場合によっては、問い合わせ対応だけではなく、率先して勉強会や講習を実施したりします。