escalator

SEと社内SEの違いについてですが、いろんな観点で違いがあります。しかしここでは社内SEへの転職にあたって、きちんと理解したうえで面接に臨むべき、SEと社内SEとの本質的な違いについて説明したいと思います。

このSEと社内SEの違いをしっかり理解できていないと社内SEへの転職(特に面接)は難しくなりますので、しっかり押さえてください。

 

1.クライアントが異なる

まずはじめにSIerのSEと社内SEとで大きく違うのはクライアントが異なるということです。

通常のSIerのSEは受注したクライアント企業向けにシステムの開発・運用を行います。

一方の社内SEは自分が勤務する企業がクライアントのような存在であり、自社の経営戦略や事業戦略に沿って自社のシステムについて企画から開発(外注を含む)、運用保守を行います。

 

2.求められているミッションが異なる

次にSEと社内SEとで異なるのは、要求されるミッションが違うということです。

通常SEはクライアント(顧客)を向いて仕事をします。そこでのSEのミッションは「顧客が本質的に実現したいことを要件化し、どうシステムで実現するかを考え、システム構築~導入までに責任を負う」ことです。

一方社内SEのミッションは、社内に目線が向いており「自社の経営戦略や事業戦略に基づき、ITを駆使して何を実現していくのか企画する。また、システムを安定運用させ社内で定着化させていく」ことになります。

但しこれは社内SE個人と言うよりも情報システム部に対して多くの企業で求められているミッションになります。実際には社内SEとしてサーバのログチェックやPCの修理など地道で泥臭い仕事が沢山あります。

この「経営戦略や事業戦略」を実現する仕事をしたくて社内SEに転職したいというのがとても重要なポイントになります。