agreement

先日、私が所属する情報システム部内で大きな役割変更があり、ERPの世界ではかなりグローバルスタンダードなシステムであるSAPシステムの担当になってしまいました。いわゆるジョブローテーションというやつですが、困ったことに定期的にあるのではなく実施するとき毎回突然です。

SAPシステムに関しては前職のSE時代にも開発で関わったことがなく、社内SEになってからも関わっておらず、全くの初心者です。

SAPシステムはご存知な方は知っているかと思いますが、初心者が勉強しようにも書籍やネット上にもきちんとした情報がなく、高い費用を出してSAP社が提供しているトレーニングを受けるという割とクローズドな世界です。

ひと言トレーニングといっても、MMやSDなどのモジュールひとつとっても沢山のトレーニングコースがあります。

私の会社では、引き継ぎの仕事にそんなトレーニング受講費用などは出してくれず、とりあえず前任者から引き継ぎを一生懸命受けています。

 

SAPシステムについて勉強しています

私の会社では、SAPシステムについて使用しているモジュールは、MM、SD、FI、COの四つです。MMとSDについては業務的機能は説明を受けると大体理解出来るのですが、FI、COについてはこれまで畑違いだったので業務内容もちょっとキツイです。

FI、COについては、簿記三級くらいから基礎をきちんとやり直して、仕訳や転記などから勉強しています。

またSAPシステム自体に関しても、ネット上にある情報を断片的に拾ったり、テスト機で実際に覚えたトランザクションコード使ってみたりしながら勉強しています。

 

キャリアを考えると

正直不安だらけですが、少し前向きに考えると、ここでSAPシステムに対して取り組んで経験しておくの、私自身のキャリアにとってとても大きな財産になると思います。

社内SEの求人情報を見ても、SAPシステムの経験を優遇している求人も多くあります。もし今後転職するようなことがあれば必ず今回の経験は自分にとってプラスになると信じ頑張りたいと思います。