career2

現在社内SEとして勤務している管理人のこれまでに至る経歴を紹介したいと思います。SIerのSEから社内SEへの転職を考えている方に少しでも参考になればと思います。

 

某大学の理工学部を卒業

大学ではITとはまったく畑違いの分野を専攻していました。在学中(1995年頃)にWindows95が発売され、日本で一躍パソコン(今では死語ですがDOS/Vパソコン)ブームとなりました。

私もバイトで稼いだお金で富士通のFMVシリーズのパソコンを購入して、インターネットにダイヤルアップで接続して遊んでいました。はじめてインターネットに接続したときは、すごい世の中になったものだと大変驚きました。

当時はメールアドレスを持っているだけですごいという、今では考えられない時代でした。

 

独立系のSIerに就職

専攻はITとはまったくの畑違いの分野でしたが、当時は情報処理分野がこれからの花形みたいな世間の風潮もあり、またSIerはメーカーなどと比較して採用枠が多く就職氷河期にもかかわらず採用されやすかったため、独立系のSIerに就職しました。

入社当初はまだどこの企業でも一人1台パソコンがない時代で、企業のシステムもホストコンピュータが主流の時代でした。私も受託先の某企業でホストシステムの開発をCOBOL言語で最初の3年くらいしていました。

その後システム開発の移り変わりに合わせるように、「UNIXでのCOBOL」「VBプラスOracleでのクラサバシステム」などの開発を経験し、最後の数年間は「StrutベースでのWebシステム」でのシステム開発を中心に行っていました。

といっても「Webシステム」のシステム開発辺りからは、自分で実際に手を動かすのは要件定義から詳細設計辺りまでとなり、以降の工程では要員管理やスケジュール管理、顧客窓口などの仕事が中心となりました。

 

社内SEに転職を考えるきっかけ

最初のうちは上流工程や開発管理といった仕事も楽しくやりがいもあったのですが、顧客と接する機会が増えるごとに顧客側の仕事にとても興味を持つようになりました。

というのも基本的にSIerは顧客からの要望をシステム化するだけでなのに対して、顧客側の担当の社内SEの方はあくまで自社の収益やコスト削減のための業務プロセスの改善に取り組んでいて、システムはあくまで業務プロセスを改善するための手段の一部でしかなかったのです。

今までシステム開発のみを仕事として行っていた私としては大きな衝撃と共に社内SEという職種に大変興味を持つようになり、いつか社内SEという立場で仕事をしたいと考えるようになりました。

 

転職エージェントに登録し、転職活動を開始

とはいえ自分の技術とキャリアに転職できるほどの自信がなかったことと、10年近く勤務したことによる慣れ親しんだ人間関係を考えるとなかなか転職活動に踏み切ることができませんでした。

しかし35歳に差し迫ったあたりで、「ここでやらなければ一生後悔する」と思い、一念発起し転職エージェントに登録をしてみました。

最初に登録した転職エージェントで面接した時、担当のキャリアアドバイザーにこれまでの自分の経歴を説明したところ、「○○さんのキャリアでしたら大丈夫ですからしっかり頑張りましょう!」と言われて俄然やる気がでたのを今でもよく覚えています。

 

5社目で内定をもらい、転職成功

その後3社ほどの転職エージェントも登録し、転職活動をスタートしました。

企業によっては募集要件に社内SEの職種経験者でないとダメな場合や面接までいっても社内SEの経験者に採用が決まったとキャリアアドバイザーから教えてもらったことも多々ありましたが、募集要件で社内SE未経験でも大丈夫な求人を中心に根気よく「応募→面接」を繰り返しました。

努力の甲斐あってか5カ月目にいまの勤務先の会社から内定を頂くことができました。この間応募した企業は10社ほど、実際に面接した企業は4社目でした。おそらくこの数的には普通の範囲内だと思いますが、精神的にも疲れていたので、内定をもらった時はかなりホッとしたのが本音でした。

以上が管理人の社内SEにいたるまでの経歴になります。やはり働きながらの転職活動は精神的にも肉体的にも大変でしたが、後悔はいっさいなく、やってよかったと思っています。

特にまだ20代の方はかりに転職活動が上手くいかなかったとしても、今度上手くいくためにどんなキャリアを積めばいいのか?どういう風に転職活動を進めたらいいのか?といったノウハウを得るだけでも挑戦する価値があると思います。

「やって後悔するより、やらなくて後悔するほうがきっと大きいです。」