heart

転職活動がうまく成功したおかげで、SEから社内SEに転職した前後とでは大きく生活が変わりました。

運よく小さいながらも業績の安定した企業に転職できたというのも大きいですが、私が実際に社内SEに転職してみて体感している、通常のSEと社内SEのときの違いを紹介します。

 

転職前(SIerのSE)の私

・仕事内容が顧客とプロジェクト毎に異なる。
・ほとんどのプロジェクトで残業が多い(50h~80h/月)
・休日出勤も多い。(代休はほとんどなし。)
・上流工程に関わらない限り業務知識が得にくい
・技術の移り変わりについていく必要がある。
・管理職になり技術勉強から解放されても、不採算プロジェクトなどの悩みが尽きない
・同僚と飲みに行っても愚痴が話題の中心

 

転職後(社内SE)の今の私

・年収ベースで10%ほど収入UP
・残業が少ない(20h~30h/月)
・休日出勤は年2,3回(必ず代休を取らされる)
・社内の人間関係がわりと良好
・仕事後にスクールなどに行ける時間がある(自己啓発できる余裕がある)

 

社内SEのイメージ

これらの違いはすべての企業でも当てはまるわけではありませんが、概ねこのサイトを見ているSEから社内SEへの転職を考えているほとんど方がお持ちの社内SEのイメージとほぼ同じではないででしょうか?

しかし当然ですが、社内SEといっても会社によっては激しく激務な企業は沢山存在しますので気をつけてください。

また社内SEに転職するためには、SEと社内SEにおける仕事の本質的な違いについてしっかり理解しておく必要があります。面接の際に「当社を選んだ理由はなんですか?」と質問された際に、「(上記のような社内SEの)ゆるい環境に転職したいからです。」のような回答をくれぐれもしないように注意してください。そんな人はいないとは思いますが。。。。