graph

当たり前のことですが、仕事の求人件数はいつでも常に同じ数あるわけではありません。世の中の景気がいいときには求人件数が増えますし、景気が悪くなれば求人件数も減少します。この傾向はニュースや新聞でよく報道される有効求人倍数に反映されます。

 

キャリア転職は転職活動をする時期を自分で選択できる

大学生の場合は、自分の意思とは関係なく、大学卒業に合わせて就職活動を行うことになります。世代によって「売り手市場」だったり「買い手市場」だったりとかなり運に左右されて就職活動をすることになります。

特に2009年のリーマンショックが起きたときは、前年まで「売り手市場」だったのが一転「買い手市場」になり、世代1つの違いが明暗を分けたのは記憶に新しいことでしょう。

管理人が新卒で就職活動した時も「就職氷河期」と呼ばれている厳しい時代でしたが、何年も前からずっと「就職氷河期」だったので、当時は「就職活動は厳しくてあたりまえ」と思っていました。

しかしキャリア転職の場合は自分で転職する時期を選択することができます。リストラにあったりした場合などは別ですが、何も景気が悪く転職市場が悪いときに転職活動せず、景気がよく転職市場が活況なときに転職活動することを自分の意思で選択できます。

一般的に景気がよく転職市場が活況なときには、新卒の就職活動で希望の企業に就職できなかった人がワンランク上の企業への転職を目指す「リベンジ転職」も多くなるそうです。

 

転職市場が活況のときは転職の難易度が下がる

当然ながら景気が良くなると企業側の採用意欲も高くなり転職市場が活況となりますので、求人件数も増えます。それに伴い転職自体の難易度が下がるため、転職希望者にとっては絶好のチャンスといえます。

この傾向は社内SEへの転職活動についても同様のことがいえます。

特に最近はアベノミクス効果で景気回復していますので、転職活動に適した時期といえるのではないでしょうか。

【お勧め転職エージェント】リクルートエージェント