sns

現在はインターネットが完全に人々の生活に浸透して、インターネット無しの生活が考えられないくらいになっています。更にはFacebookをはじめとした多くのSNSが全盛となっており、転職を希望している方もたくさんの方がFacebookなどのSNSをなにげなく普段の生活の中で利用しているのではないでしょうか。

 

大多数の人事部では求職者の情報をインターネットでチェックしている

しかし現在多くの人事部では、かなりの高確率で応募者についてインターネットで名前を検索してチェックを行っていると言われています。

 

過去の自分の投稿のチェックが必要

特にFacebookなど実名で自分の意見などを書いていたりするSNSやブログはかなり要注意です。なにげない自分の意見や主張がもし希望先の企業の価値観と違っていたりした場合、書類選考の段階ではじかれる可能性も大いにあります。また現在の会社に対しての批判や同僚に対する批判などもかなり印象として良くないでしょう。

 

転職活動においては、インターネットは公共の場として考える

インターネットにおけるSNSなどはプライベートだという考え方などいろいろ意見は個人毎にあるかと思いますが、転職活動においてはインターネットは公共の場だと考えておいたほうがいいでしょう。

是非転職活動を始める前に、一度GoogleやYahooで自分の名前を検索してみることと、SNSの記事を見直してみることをお勧めします。