personal

社内SEという職種は、SIerのSEにとって人気の高く、求人件数の絶対数が少い職種です。

社内SE未経験のSIerのSEが転職する際の難易度や可能性について、管理人が実際に社内SEへの転職活動をしたときの経験を踏まえて紹介したいと思います。
 

社内SE未経験はNGという求人はスルーが無難

社内SEの求人票をみていると、社内SE未経験者NGという求人も残念ながらそれなりに多くあります。

私が転職活動した際も何回かそういった社内SE未経験者NGの求人に応募してみましたが、ことごとく書類選考でNGとなりました。社内SE未経験者NGという求人は潔くスルーするか、ダメ元で応募するくらいにしたほうがいいです。

またNGではないけど、社内SE経験者優遇というパターンも求人もあります。

そういう求人の場合、書類選考はパスする可能性は十分あります。ただし面接で他の応募者と同点だった場合は、社内SE経験者が優先して採用されるようです。

私も面接で落ちた後にキャリアアドバイザーから「今回は社内SE経験者の方に採用が決まったので」というフィードバックを頂いたケースが数回ありました。しかし多少のハンデはあるものの社内SEが未経験のSIerのSEが採用されるチャンスもあるので、応募してみる価値は十分あります。

 

内製で開発している会社の社内SE求人は十分可能性あり

システム開発を自社で内製している会社はSIerとしての経験を十分に活かせるため、社内SE未経験のSIerのSEにとって最も採用の可能性が高いパターンの求人です。募集企業での開発環境や開発言語などが自分の経験にマッチしていると更に採用の確率が高くなります。

またシステムを内製で開発している情報システム部の場合、上司であるシステム部長もSIer上がりのケースが多いです。そのためシステム開発やIT系資格などにも理解が深く、SIer出身者にとって仕事がやりやすい環境だといえます。

ただしシステム開発を自社で内製している企業の情報システム部では、転職後もプログラム作成や単体・結合テストを含めたシステム開発が中心となり、転職前と仕事内容があまり変わらない場合がありますので注意です。

 

システム開発は外注中心だけど社内SE未経験OKの求人

社内SE求人の中には、「システム開発をすべて外部ベンダーに発注している企業」で社内SE未経験OKという求人も結構多くありました。社内SE未経験でも大丈夫という理由はいくつか考えられます。

1つ目の理由としては、採用側企業が自社の情報システム部員のメンバー構成にダイバーシティ(多様性)を持たせたいと考えている場合です。社内SEしか経験がないメンバーばかりだと、外部ベンダーとの設計レビュー時に対応できなかったり、見積もりの精査ができなかったりする場合もあるためです。

2つ目の理由としては、求人企業側が求職者のポテンシャルのみを採用基準にしている場合です。その人の考え方やビジネス的素養、人格、人柄、コミュニケーション能力などがしっかりしていれば、業務的なことは入社してから覚えてくれればいいと企業側が考えているケースがこれに該当します。

 

確率は高くないが決して無理ではない

結論としては、求人票に「社内SE未経験者NG」と記載されていない限り、社内SE未経験のSIerのSEでも社内SEに転職できる可能性は十分にあります。

特にシステム開発を内製している企業の情報システム部では「SIer出身」という経歴は武器になると思います。

社内SEへの転職活動の戦略をきっちり立てて、根気強くよく転職活動し続けることで明るい未来が開けます。